FC2ブログ

同人ノベルの読み込みエラーについて

同人ノベルの読み込みエラーについて

「TS(性転換)すると、レイプされるフラグが立ちますので、御注意下さい!」で、特殊な状況において、以下のエラーが発生する事が確認されました。


「モジュール’TS(性転換)すると、レイプされるフラグが立ちますので、御注意下さい・のアドレス 001B0D8D でアドレス00000130 に対する読み込み違反が起きました。.」

対処法ですが、ベタな対策としてセキュリティソフトなどの衝突し易いソフトのオフなどを試した上でも解決しない場合、以下の対策で解決する場合があります。

○パスを短くする

色々と試してみたところ、フォルダの名前が長い置き場(フォルダ)に置くと、短い場所に置いた場合は問題なく動作するファイルが、名前を長くしたフォルダにいれると、該当エラーが出るのが確認されました。
更に、エラーが発生するフォルダにおいても、「TS(性転換)すると、レイプされるフラグが立ちますので、御注意下さい!」のフォルダ名を「tsf」などと短くすれば、エラーが出ずに起動するのが確認されました。
故に、このエラーは「TS(性転換)すると、レイプされるフラグが立ちますので、御注意下さい!」という長ったらしいタイトルが、二つ重なるフォルダ構造になっている、この同人ノベルが、長いパスの場に置かれると発生すると考えられます。

現在のパス

TS(性転換)すると、レイプされるフラグが立ちますので、御注意下さい!\TS(性転換)すると、レイプされるフラグが立ちますので、御注意下さい!\ノベル本体

該当エラーが出難いと思われるパス

tsf\tsf\ノベル本体

以上、該当するエラーが出た方はお試し下さい。
スポンサーサイト
[PR]

「跪いて接吻を強請れ(ひざまずいてくちづけをねだれ)」24 TSF属性・アダルト向けライトノベル

「――その髪で、通う気ですか?」
 翌朝、黒羽裏家であてがわれた、朝日が射し込む自室の洗面台で、アルミニウム製の銀色の櫛を使い、山吹色の髪の毛をライオンの鬣の様に立てていた威智に、背後に現れた桃生が、呆れ顔で問いかける。桃生は部屋まで、通学用の鞄や文房具、制服などを運んで来たばかりだった。
「何か、問題でも?」
 威智の問いに、桃生は頷く。
「今日から威智さんが通う事になる郭里世学園は、校則とか厳しい名門校なんですから、そんな少年チャンピオンのヤンキー漫画に出て来る不良少年みたいな髪では、校門で風紀委員に止められて、学園内に入れません」
「何故、ジャンプやマガジンじゃなくて、チャンピオン?」
 桃生は威智の問いを無視して、エプロンのポケットからブラシとチューブを取り出す。
「ちゃらららっちゃらーん! モテモテヘアカラー!」
 未来の世界から来たネコ型ロボットの様な口振りで、桃生は取り出したブラシとチューブを威智に見せる。
「そ、それは怪シ屋が以前売っていた、フェロモンパワーでモテモテになるというキャッチコピーの、モテモテヘアカラー!」
「流石はバールのようなものも知っていた威智さん、モテモテヘアカラーもご存知でしたか」
「――知ってたけど、まさか買う奴がいるとは思わなかった。そんな髪の毛染めるだけでモテモテになるなんていう、訳の分からない商品」
 その訳の分からない商品を買った人間を目にして、威智は驚きの表情を浮かべる。
「このモテモテヘアカラー、もう私は使いませんから、これで威智さんの髪を黒く染めてあげますよ。制服が汚れたら困りますから、脱いで下さい」
 既に制服姿に着替えていた威智は、制服を脱ぎ、紺色のスポーツタイプのブラとショーツという、下着姿になる。無論、恥ずかしくはあったのだが、悧音とセックスする姿を見られている相手なので、今更気にしても意味が無いと、威智は気にするのを止める。
 桃生はブラシに、チューブから出した染髪剤をのせる。
「もう使わないって事は、効果無かったんだモテモテヘアカラー?」
 桃生はブラシを使って威智の髪に染髪剤を塗りつけながら、返事する。
「人間相手には無かったですね、妙に犬や猫やらの動物には懐かれる様になりましたけど」
 話を続けながらも、桃生は手際良く染髪作業を行う。
「淫乱メス豚……じゃなくて松戸先生の話じゃ、人間はフェロモンを感知する器官が退化してるから効果無いけど、動物相手には効果があるとか」
 染髪剤を塗り終えた桃生は、一分程の時間を置くと、洗面台で威智の髪を荒い始める。シャンプーを使い、染髪剤を洗い落とすと、威智の髪は艶めく黒髪になっていた。
「うわ……黒髪にするの、久し振りだな」
 洗面台の鏡を覗き込みながら、威智は驚きの声を上げる。
「早く制服を着て下さい、髪……セットしますから。急がないと、遅刻しますよ」
 桃生に急かされ、威智は制服を着始める。
「今日は悧音様、車で先に学園に向かわれたんで、威智さんは一人で電車通学しないと駄目なんですから。車なら二十分もかからないけど、電車だと徒歩の時間まで計算に入れて、四十分はかかります。急がないと、転校初日から遅刻する羽目になっちゃいます」
 威智は桃生の言葉を聞き、壁の時計を見る。時間は午前七時四十分。始業時間は午前八時半なので、時間的余裕は無い。
 ドライヤーと櫛を手にした桃生は、威智の髪を乾かしつつ、整髪料と櫛で手際良くヘアスタイルを整える。男としては少し長めであった髪も、女としてなら程好いショートヘアといった程度の長さであり、数分で威智の髪は、ボーイッシュな少女に似合う感じの、スポーティなショートヘアに整えられる。
「――ま、これなら郭里世学園の風紀委員とかにも、文句つけられる事は無いでしょう」
 桃生の言葉を聞きながら、威智は鏡に映る自分の姿を確認する。女子高生にしては背が高過ぎるが、割と見栄えのするボーイッシュな少女が、鏡の中にいる。
(あれ? 結構いい線いってるじゃん、俺。背がでかすぎるから、可愛いって感じじゃないけど、アリかナシかで言えば、十分にアリだわ、これ)
 鏡に映る自分に見惚れた……という程ではないが、女性としての自分の外見が、悪くは無いのを威智が自覚した事に、桃生は気付く。
「あ、威智さん……今、自分の見た目が意外と悪くないとか思いましたね? 自惚れましたね? 恥ずかしいナルシストと化しましたね?」
 図星だったので、威智は狼狽する。
「いや、そんな事……無いって!」
「無駄無駄無駄、無駄ですよ威智さん! この私の灰色の脳細胞が下した、威智さんが女としての自分の姿に自惚れてしまったという推理が、外れる事などあるでしょうか? 無論、ありえませんッ!」
 以前と違い、今回の推理は当っているだけに、威智としては気まずい。
「あ、俺……遅刻したら困るから、もう行くよ! 髪……有難うな!」
 染髪と整髪の礼を口にしてから、威智は鞄を手に取ると、桃生を部屋に残して、逃げ出す様に部屋を後にする。

 桃生から逃げる様に部屋を……そして黒羽裏家の屋敷を出た威智は、十分後……黒羽裏家の最寄り駅である、郭里世線の西境目駅のホームに、辿り着いていた。通勤通学客だらけのホームには、威智が通う事になった郭里世学園の最寄り駅……郭里世学園前駅に向かう電車が停車していて、ドアには角砂糖に群がる蟻の様に、客達が殺到していた。
(うわ……乗りたくないレベルの満員電車だな。でも、これ乗り損なったら、遅刻確定な感じだし……仕方が無いか)
 威智は溜息を吐いてから、最寄のドアに向かって歩き出し、他の乗客達と一緒に、まさに寿司詰め状態の電車に乗り込む。威智を乗せた直後、ドアは閉まり、電車は走り始めた……。

          ☆          ☆

 TS(性転換)して電車に乗ると、痴漢されるフラグが……以下略。

          ☆          ☆

同人最新作、TSF系アダルト向け短編ノベル集「TS(性転換)すると、レイプされるフラグが立ちますので、御注意下さい!」」、DLsiteで発売中!

 ちなみに、サンプル画像(クリックで拡大)。
痴漢シーンサンプル
サンプル3と同じ画像

 前作のTSF系アダルト向けライトノベル「少年少女ミケ」、DLsiteで発売中!

 TSF要素皆無の、母乳&姉属性のアダルト向けノベル「ミルク色の夏休み」、DLsiteで発売中!

宣伝更新! ダウンロード同人作品「TS(性転換)すると、レイプされるフラグが立ちますので、御注意下さい!」販売開始しました!

予告にも使った画像tsf
 昨年末、「佐野俊英があなたの専用原画マンになります」という、画像作成ツールだかエロゲなんだか分類が微妙なソフトを買いました。ノベルゲーを作りたくなったので、画像作成ツールというか素材として。
 ですが、この通称佐野ツール、男の素材が殆ど入っておらず、女の素材もエロがあるキャラには立ち絵が無く、立ち絵があるキャラにはエロ絵が少なく、何故か野菜や触手ばかりが充実しているという、恐ろしく素材バランスの悪いツールだというのが購入後に発覚。結局ノベルゲー製作は断念しました。

 それで代わりに作ったのが、短編ノベル集の「TS(性転換)すると、レイプされるフラグが立ちますので、御注意下さい!」です。内容はこのリンク先のページをご覧下さい(リンク先、DLsite内の該当作ページ)。

 ちなみに、サンプル画像(クリックで拡大)。
痴漢シーンサンプル
サンプル3と同じ画像

 ここの連載の挿絵用にも使えたら……なんて思ったんですが、佐野ツールじゃ無理でした。カスタム少女なら、もっと色々と出来たんですかねー。
プロフィール

亜蘭澄椎

  • Author:亜蘭澄椎
  • FC2ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク